2020年度 理事長基本方針・事業計画

はじめに

 我々のような地域の青年団体にはどのような存在意義があるのか。

10年先、20年先の世界や日本の未来を見据え、我々が住まう地域をどのように明るい豊かな社会にするのかを模索し、変革していくことにあると考えます。

これは行政だけに頼るのではなく、他団体や地域市民の皆様と共に手を取り合い、より良いまちづくりには何が必要なのかを協議し、率先して行動していくことにこそ我々のような地域の青年団体が存在する価値があるのではないかと考えます。

 現在の日本社会では急速に進む超少子高齢化が深刻化し、メディアでも人口減少社会が取り立たされています。

10年後の2030年には日本の総人口が約1億人強程になると分析されており、さらに地方に目を向けると、2040年までに全国約1,800市町村のうち約半数の市町村が消滅する恐れがあると発表されました。

 この様々な問題は我々が住まう地域も決して他人事ではなく、誰かが率先して向き合わなくてはならない課題であると考えます。

原因とされている出生率を地域で解決していくためには、若年層の流出を防ぐ必要があり、そのためには、我々が住まう地域での雇用環境や保育・学校環境の充実、青少年世代が健全な育成を育まれるための社会環境を整える必要があると考えます。

 そのような状況下の中、我々に何ができるのか。それは所属会員一人ひとりが青年会議所運動を通して学び、自己成長を遂げることこそが地域の未来を創造し、日本社会の環境向上に繋がるのではないかと考えます。

 1949年に日本に青年会議所が設立された当初からの理念である「明るい豊かな社会の実現」を目指し、我々は青年会議所運動を止めることなく歩みを進めて参ります。

会員の満足度を向上し活気ある青年団体へ

 現在の佐倉青年会議所の会員構成は入会歴3年未満の会員が約50%と経験歴の浅い会員が約半数を占めています。

さらには、定例会の出席率が40%程と欠席者が多い状況下にあり、組織運営の危機的状況にもあります。

 我々のような青年団体がより能動的な組織へと昇華するためには、やはり会員の満足度を向上し、会員一人ひとりが高い所属意識を持つ所から始めるべきだと考えます。そのためには、青年会議所に所属することで学べるメリットや、それを持ちかえった際の個人メリットや企業メリットを知ることで、会員一人ひとりが輝かしい未来を想像できるものと考えます。

 「想像できることは実現できる」という言葉がある通り、会員にとって輝かしい未来を想像するための勉強会を開催し、青年会議所の特徴を知ることで参加意欲を向上し、定例会や上部団体の各種セミナーの参加率を高め、会員資質の向上を実現して参ります。

45周年の節目を機に新たなる未来の創造

 佐倉青年会議所は本年2020年度に45周年を迎えます。

行政関係者や関係諸団体、地域市民の方々が我々の運動に共感を抱いてくれているのは、これまでの長き歴史を築き上げてこられた先輩諸兄姉の努力の結晶だと考えます。

 そんな先輩諸兄姉の皆様に敬意を表す機会として、45周年記念式典を開催し、これまで支えて頂いた行政をはじめとする関係諸団体の皆様に感謝する機会といたします。そして、地域課題として我々に取り巻いている人口減少社会の拍車に歯止めを掛けるためには、我々が住まう地域の出生率をどのように向上すべきかを考え、手を打たなくてはなりません。

 そのために我々のような青年団体に何ができるのかを模索し、行政や民間企業、地域市民の方々にとって輝かしい未来を創造すべく45周年記念事業を開催して参ります。

ビジネス研修を通じた会員の拡充

 会員の中には自己啓発を求めて入会してきた会員も多く存在するため、ビジネス研修の機会を創造し、学ぶ場を提供します。

そして、学びを得た会員が満足し、さらには所属企業や他団体、家庭に持ち帰り活躍することで青年会議所以外の分野でも輝くことが我々のような青年団体の存在意義でもあると考えます。

 そのような自己成長を遂げられる青年団体であれば会の魅力も増し、ひいては入会希望者も多くなるものと考えます。40歳で卒業しなければならない青年会議所の体質上、毎年入会者が存在しなければ組織は衰退していきます。

 これまでの長き歴史を50年、60年と紡いでいくためには会員の拡大も必要不可欠です。そのために、青年会議所がどのような団体であるかを積極的に地域に伝播し、一人でも多くの青年経済人の方々に興味を持って頂く機会を創造して参ります。

未来の宝である青少年健全育成

 古くから「子は宝」と言われており、超少子化社会となった昨今、より一層子どもの価値が高まってきています。

ただでさえ、私立の高校や大学では募集定員が割れ、ひいては民間企業も人財不足に陥り、近年の少子化の打撃を受けています。ベビーブームだった時代はどこの分野も青少年期の競争も激しく、その競争により強くたくましい大人へと育つ環境が整っていたのではないかと感じます。

 このような時代だからこそ、子ども達が迷わぬよう我々大人が正しき道を示し、勝負の世界を知る機会や興味が持てる事業を展開すべきだと考えます。何か1つでも真剣に臨めるものがあれば、子ども達は活き活きと育ちます。そして、その先にある将来の夢を抱くきっかけとして、本年度我々は将来を背負って立つ子ども達のために歩みを進めて参ります。

住み良いまちを目指して

 地域市民にとってどのようなまちであれば満足して住み暮らし続けるのか。

交通インフラや都心へのアクセス、雇用環境、保育・学校、公園等の子育て環境、自然環境等、地域市民が求めるものも多様化されています。その中でも観光の分野や地域の盆踊り、納涼祭や花火大会といった催事があることも地域社会を形成するためには大切なことであると考えます。

 小さな子どもから大人までが満足するためには地域市民が求める全ての環境が網羅されているまちを目指すべきであり、我々のような青年団体ができることは行政だけでは目が行き届かない分野に対しての運動を展開すべきだと考えます。

 青年団体だからこそできるより柔軟な発想を活かし、広い視野を持ち、地域の明るい未来を考えることによって更なる地域社会の問題に目を向けた事業を展開して参ります。

資本となる心身の健康

 現在の日本社会では人生80年と言われていますが、医学が進歩し、行く先人生100年社会が実現すると想定されています。

 しかしながら志半ばで途絶えてしまう命も少なくありません。何をやるにしても身体が資本であり、心身共に健康であることが周囲への思いやりへと繋がり、それが家庭や地域、職場でのコミュニケーションの源となり、「明るい豊かな社会の実現」に繋がるものと考えます。心身共に健康になるためには、残される遺族のことを視野に入れることで自身を大切にし、健康意識を高めることにも繋がるものと考えます。

 本年度我々は健康を保つための知識を養う事業を展開し、地域市民の方々が自身の健康に対して目を向ける機会を創造します。それにより命の尊さを理解し、救われる命があれば、より多くの笑顔が家庭や地域、職場に芽生えるものと考えます。

文化を通じたコミュニケーション

 現在の日本社会でも古くから変わらない伝統文化があり、今でも大切にされているものも多く存在します。そして、世界に目を向けると「歌うこと」が共通の文化として挙げられます。これは古より人類が表現をするために言葉ができ、やがて言葉が記号から詩に進化し、その言葉による表現欲求が追求された結果「歌」が誕生したと言われています。言葉をメロディーに乗せることによって、人の心に響きやすくもなり、意味に深みも増すことによって人と人とのコミュニケーションの源になっていると考えます。

 現在の地域社会に求められていることは、趣味や習い事と言った共通のツールを持った者同士が集い、自らの居場所や生きがいを感じる機会が必要なのだと考えます。

 本年度我々は地域に必要なコミュニケーションの機会を創造し、笑顔溢れるまちを目指して参ります。

組織としての基盤作り

 公益社団法人として、法令に定められた諸会議の運営、厳格な財務管理をはじめとするコンプライアンスの遵守や行政諸官庁への各種届出、報告等の手続きを速やかに行うことが各事業を円滑に遂行するための必須条件となってきます。それらを通して現在の時代背景と青年会議所運動の理念に即した組織となることが、我々のさらなる飛躍になるのだと考えます。

 また、行政をはじめ関係諸団体からの認知度は高いものの、地域市民への認知度は残念ながら高いとは言えないのが事実です。我々の運動の認知度を向上させることが、組織を知って頂くことに繋がり、そのネットワークをさらに拡大させることが、佐倉青年会議所の拡大にも繋がり、災害時等の緊急対応の際にも効果が発揮されるものと考えます。

 本年度我々は地域市民の皆様に興味を持って頂けるよう様々な情報を発信し、我々の運動に賛同して頂けるよう邁進して参ります。

結びに

 「人生一生学びである」と言われていますが、本年度私は佐倉青年会議所の全会員と共に様々な経験を通し、沢山の学びを得ていきたいと考えております。その強い想いから本年度のスローガンを「学び」~自己成長こそが未来を創る~と掲げさせて頂きました。

 そして、学びを得た会員が青年会議所運動でも、またそれ以外の分野でも地域のリーダーとなって活躍し「明るい豊かな社会の実現」に向け邁進していくことと確信しております。

 それが実現した暁には、我々佐倉青年会議所でも家庭や職場、地域コミュニティでも笑顔溢れる雰囲気が醸成されているものと考えます。その輝かしい未来のために我々は自己成長を遂げ、歩みを進めて参ります。

 

青年会議所には素晴らしい出会いがある

出会いよって人は学ぶ

学びには人の未来を変える力がある

私は誰かの未来をより良く変える存在でありたい

2020年度 事業計画

・会員資質向上事業の実施

・45周年記念式典、記念事業の実施

・会員研修、会員拡大運動の発信と実施

・青少年健全育成事業の実施

・地域社会創造事業の実施

・健康推進事業の実施

・文化推進事業の実施

・組織骨格の強化、情報の公開

2020年度 組織図

公益社団法人 佐倉青年会議所 定款

Scroll to Top