第56回佐倉市民花火大会手筒花火事業並びに環境啓蒙ボランティア活動 事業報告

平成28年8月6日(土)、印旛沼湖畔のふるさと広場周辺の特設会場において、第56回佐倉市民花火大会が開催されました。公益社団法人 佐倉青年会議所は花火大会実行委員会に参画し、行政や様々な関係諸団体の方々とともに大会運営並びに、手筒花火の披露と環境啓蒙ボランティア活動を行いました。

 

当日は、夏らしい晴天に恵まれ、環境啓蒙ボランティア活動から始まりました。

p1060757

15時45分よりボランティア本部テントにて受付を開始し、小学生以上を対象とした参加者162名の皆様にお集まり頂くことができました。16時15分より開会式を行い、順次桟敷席会場エリア、有料観覧席会場エリア、無料観覧席会場エリアの3チームに分かれ、活動を開始させて頂きました。活動内容としては、持ち込みゴミを少なくする事をはじめ、ゴミを所定の場所以外では捨てないよう注意喚起・啓蒙及び持ち帰りもできるようにして頂くため、ゴミ袋の配布を行いました。また、今後の佐倉市民花火大会をより良くするためのアンケートの聞き取り調査を実施致しました。さらに、本年の佐倉市民花火大会の収益を少しでも増やすために募金活動を実施致しました。

この3つの活動により、今回の佐倉市民花火大会はもとより、来年の佐倉市民花火大会にも繋がる活動ができたのは、一重にご参加頂いた皆様方のご協力の賜物だと感じております。真夏の猛暑の中、真摯な姿勢で取り組んで頂いた皆様方に改めて感謝申し上げます。また、ゴミの軽減、アンケート、募金活動にご協力頂きました来場者の皆様方、佐倉市民花火大会をより良くするためにご協力頂きまして、誠にありがとうございました。

本年度は、より地域に根差した市民協働を目的に佐倉市社会福祉協議会様の協力を得て、大学生10名をボランティア活動のリーダーとしてお迎えし、我々佐倉青年会議所と共に環境啓蒙ボランティア活動の運営を担って頂きました。参加学生さんからも社会勉強できましたと喜んで頂き、また我々佐倉青年会議所としても運営の大変手助けとなり佐倉青年会議所を知って頂く良い機会となりました。そして、本年度の佐倉市民花火大会のテーマである「弱者にやさしい花火大会」として我々佐倉青年会議所は、花火大会に参加したくても様々な事情で参加できない方をお招きしたいと考え、児童養護施設の子ども達にお声掛けし、ボランティア活動から参加して頂き、打上花火の観覧もとても喜んで頂きました。ボランティアリーダーを担って頂きました学生さんとボランティア活動にも参加して頂きました児童養護施設の方々に改めて御礼申し上げます。

p1060689

19時より開会式が執り行われ、点火式に先立ち、ふるさと広場に設けられた有料観覧席S会場にて、花火大会最初の演目として、佐倉青年会議所メンバー、OB会員、県内青年会議所理事長4名による手筒花火の披露を盛大に行いました。手筒花火という日本古来から伝承される伝統的な花火を地域内外で活動する青年会議所が地域の活性化を願い、佐倉市では最大の観光イベントである花火大会で自ら披露する貴重な機会となりました。

本年は、「魅せる手筒花火」をテーマに掲げ、観覧席やテレビを通して観覧している皆様に感動を与えられるように、離れたところからでもきれいに手筒花火を魅せられるようにとの思いで、手筒花火の火柱を揃える打ち上げの演出を行いました。

また本年は、株式会社広域高速ネット二九六様の花火大会生放送に加え、密着ドキュメンタリーの映像を通して、来場者皆様からの大きな歓声を通して、手筒花火の演出を観覧者の皆様に感動を与えられたのではと感じております。

手筒花火が無事終了することができましたのも、手筒花火についての技術提供を頂きました、静岡県三ケ日町の手筒保存会様と三遠煙火株式会社様からのご尽力の賜物と深く感謝申し上げます。

 

花火大会の目玉である関東最大級の二尺玉(=直径60cm)と音楽に連動し10分間で6,000連発を打ち上げるビッグプレミアムスターマインを含む打ち上げ花火約1万6,000発が打ち上げられ、夜空を綺麗に染め魅了した花火大会が終了となりました。

花火大会実行委員会では、佐倉市産業振興課、佐倉市観光協会、佐倉商工会議所など多くの関係諸団体の方々からのご尽力により、佐倉市民花火大会が成功に終わりました。

佐倉青年会議所の手筒花火事業並びに、環境啓蒙ボランティア活動に対する多大なるご支援・ご協力を頂きました皆さまに心より御礼を申し上げ、事業報告とさせて頂きます。