第27回わんぱく相撲佐倉場所、大会報告

2018年5月20日(日)に、第27回わんぱく相撲佐倉場所(主催:公益社団法人佐倉青年会議所)が佐倉市岩名運動公園内相撲場にて開催されました。

当日は、晴天に恵まれた中、179名のわんぱく力士が集い、開催することが叶いました。

ご来賓として、佐倉市市長 蕨和雄 様、佐倉市教育委員会教育長 茅野達也 様、佐倉市体育協会会長 沼尻潤 様、佐倉市議会議長 櫻井道明 様、千葉県相撲連盟佐倉市体育協会理事 冨永三咲 様、佐倉市健康こども部生涯スポーツ課課長 櫻井裕樹 様、佐倉市体育協会すもう専門部会長  玉谷俊一 様、酒々井町教育委員会教育長 木村俊幸 様、酒々井町議会議長 佐藤修二 様、社会福祉法人光明会社会福祉充実推進本部長 小澤孝延 様、佐倉中央ライオンズクラブ会長 徳永由美子 様、をお迎えし、開会致しました。

まず、臼井小学校6年生 大石蓮 君の力強い選手宣誓を皮切りに、大会がスタートされました。

大会午前中は4年生の個人戦、5年生の個人戦、6年生の個人戦のトーナメントを行い、市川市で開催される県大会(第26回わんぱく相撲千葉ブロック大会)への参加資格にも関わる各学年の個人戦を行ったこともあり、選手や応援する方々の熱気は、大会中ここ1番の声援となりました。

そして、終わったところで昼食タイム。

社会福祉法人光明会から協力いただいた千人鍋で調理したちゃんこ鍋は、おいしさの余りあっという間になくなり、お替わりを含め大行列になり大忙しでした。

午後からは団体戦が行なわれ、個人戦とは違い団結力が試され、更に白熱した試合となりました。

今回の大会を開催するにあたり、ご支援・ご協力をいただきました「選手」「ご父兄の方々」「行政関係者の皆様」「体育協会の皆様」「JA千葉みらいの皆様」「広報関係者の皆様」など、大勢の関係者のご尽力を賜り、無事に閉幕できたのも一重に皆様方のお蔭です。一生懸命戦う子供たちの姿や笑顔が見られましたこと、心より御礼申し上げます。

終わりに、御多用中大会にご尽力いただきました「聖隷佐倉市民病院のスタッフの皆様」「体育協会相撲専門部の皆様」「佐倉市健康こども部生涯スポーツ課の皆様」「社会福祉法人光明会の皆様」ありがとうございました。

今後も、大会は継続して開催いたしますので、引き続きご支援・ご協力の程、よろしくお願い致します。

また、来年度は土曜日開催、参加選手の合計人数を150名で行う予定でおります。

大会結果☆

<個人戦>

4年生:【優勝】本宮陽向(酒々井)、【準優勝】伊藤拓美(印南)、 【3位】渡邉美羽(間野台)

5年生:【優勝】西谷太河(南志津)、 【準優勝】西尾悠大(南志津)、【3位】鈴木裕羽(井野)

6年生:【優勝】片野文登(佐倉)、  【準優勝】内海拓人(白銀)、 【3位】金長正大(佐倉東)

<団体戦>

参加チーム:10チーム

優勝:間野台  準優勝:井野  3位:根郷

<参加者>

4年生 計67名、5年生 計66名、6年生 計46名、合計)179名

参加校:根郷、南志津、井野、臼井、間野台、印南、佐倉、佐倉東、白銀、酒々井、小竹※佐倉市立、酒々井町立及び小学校省略、順不同