第2回 佐倉JCカップ事業~アンプティサッカーから!誰もがつながり、広がる笑顔~開催報告

4月18日(日)、佐倉市岩名にある岩名運動公園内サッカー場にて事業が無事に開催できましたことを報告いたします。

当日は天候にも恵まれ、市内外から多くの少年サッカーチームの小学生が総当たりで元気なプレーを見せてくれました。昼食タイムでは、女性ボーカルユニット『Be connection』のダンスや歌に会場が華やかに盛り上がりました。

今春開校したACミランアカデミー千葉のチアダンススクールの生徒たちによるチアダンスの披露もあり、とても可愛いらしい姿に元気をもらいました。

地域の魅力ある飲食店のブースは、参加の子どもたちやご家族で賑わい、出店してくれた皆さんからも「完売しました!ありがとうございます!」とのお声をいただき嬉しかったです。

飲食以外にもスポーツ専門のボディーケアブース、会場にインパクト与えるクラッシクカー展示等もありました。

また今事業では、淑徳大学松浦研究室の学生13名の参加もあり、テキパキと運営のお手伝いをしてくれたりと会場がたくさんの活気に満ち溢れた1日となりました。

アンプティサッカーの体験会では、切断障害者の方の迫力あるプレーを見たり元日本代表の鈴木啓太さんと一緒に体験したり、サッカー少年たちからの質問タイムも盛り上がりました。

この事業をきっかけにアンプティサッカーを知り、地域の皆さまにその魅力とパワーを感じていただけたと思います。

わたしの目標は、参加していただいた方・ご来賓の方・事業開催にかかわってくれた方・淑徳大学のボランティアの皆さん・出店していただいた方・オブザーバー12名の笑顔をみるということでした。

事業終了後に目標が達成できたと感じることができ、その瞬間、ほっとして涙が溢れました。

開催当日まで関わってくださったすべての方に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

そして、佐倉青年会議所ではこれからもたくさんの魅力あふれる事業を展開していく予定ですので、ぜひ多くの皆様のご参加をお待ちしております。

青少年共生委員会委員長 井野口ひろみ

Scroll to Top